ホーム > 医療 > 少し恥ずかしい前立腺炎の検査

少し恥ずかしい前立腺炎の検査

診療機関で受ける検査は肛門より指を挿入して行う直腸指診や尿検査・血液検査を行います。細菌感染の有無によって、細菌性前立腺炎または非細菌性前立腺炎に判断されます。

前者後者どちらのケースでも排尿痛であったり勃起障害、頻尿や残尿感の症状が出る場合もあります。悪化させないためには少しでも違和感を覚えたら診療機関で早めの診察をうける事が必要です。

 

ほとんどの男性は前立腺が、年齢とともに大きくなることがわかっています。

 

 

外国人でも日本人でも関係なく、老化により増えていく事が知られています。

前立腺肥大は老化現象と言えます。前立腺が肥大化する現象は色々と研究されていますが一番大きな原因は男性ホルモンに係る事が分かっています。

 

 

慢性前立腺炎とは、重要な仕事を任される30代から40代の男性を中心として多くみられる病気になります。症状が比較的に軽い場合も多いことから、発症をしているのに自分では気付かずにいることもあります。

ですが放置していると再発を何度も繰り返す事もありますので、その日その日の体調の変化に注意を払って下さい。前立腺炎の治療方法と治療期間

 

慢性前立腺炎の主な原因は、仕事や乗り物で長い時間を通して座ったままでいる事や、飲酒や冷え、それに疲労・ストレスなども無関係ではありません。自転車とかバイクに乗る事は、なるべく控えるのが無難と言えます。適宜休憩をして、ストレスを貯め過ぎない事が大切です。

さらに飲酒やタバコなど体の抵抗力を下げる事になる習慣は見直す価値があります。

 

 

慢性前立腺炎は身体的負荷と精神的ストレスも深く関連しています。

疼痛や不快感が重くないと思い、下腹部付近の不快感を我慢して、その不調がまたストレスになりなお一層病状が悪くなる悪いサイクルを引き起こし、いく人かは心療内科や精神科へ行く事になる人もいます。